新着情報

金型置き場のお悩み解消

ファイル_000 (2)

 

プレス加工をしていると金型の多さに悩まされるんです、と言う声がプレス屋さんから聞こえてきます。

生産されなくなって久しいと、もう不要なんじゃ無い?と思ってしまいますが、自己判断で処分できないのがこの業界です。

金型は自社で製作しても顧客の物になってしまうので、預かりなんですね。

新しい製品の金型を製作し、サンプル確認でOKが貰えると、金型預かり証というものを作製します。

どの場所でどの製品を作るための金型が保管されているのか明記されてます。

そんな悩みの解決策は置き場所の改善でしか無いのでしょうか?

今回の解決策として、新規の金型の棚による置き場の改善でお悩み解消。

さて、今回の金型の棚ですが、アングルと鉄板で製作しております。

サイズはこの巾でこれくらいあればって事をスタッフ達で企画設計して頂きました。

今までは私が設計し図面を描きこの通りに作製してと指示してましたが、

今回は自分たちで完成させたという達成感を感じて頂いてます。

完全オリジナルなんですね、現場の考えた現場のための棚です。

この棚、弊社で使用のため塗装等行っておりません。

顧客からの製作依頼の場合は、見た目も重要、塗装も行えます、このサイズでも焼き付けまで行える協力会社があります。

サイズは900×1,270×2,000と安定感抜群です。

製作依頼は、お問い合わせ頂ければ、お好みのサイズにて納品可能です、ステンレスの棚なんかも作ってみたいなと。

驚きのH.V.F処理

477e04b815014ab397ee91ac1aad4a3b_s

ドリルやタップの切削加工、弊社ではコーティングされた工具を使用したりしていました。

なぜコーティングされた工具を使用するのか?

答えは簡単、すぐにへたってしまわないからです。

切れなくなった工具は研ぎ直すか交換しか有りません。

切れなくなるたびにこの交換作業を行わなくてはいけません。

その間作業は停止するのです。

そう、生産ストップなんですよ。

誰もがこの時間の憂鬱に悩んでいるのです。

そして、交換しなくて良い工具を求めるのです。

残念ながらそんな工具はありません。

なのでコーティングされた工具を使用するのですが、もっと長持ちさせたいと思う心が発生しますよね。

そんなときに施せる魅惑の処理があるのです。

H.V.F処理になります。

それは何ぞや?と思われた場合はH.V.F処理のサンプルを申し込んでみてはいかがでしょうか?

弊社もこのH.V.F処理を施したタップで無交換とまではいきませんが、かなり助けられております。

利点としては、コーティングした工具にも効果があると言うことです。

しかも工具径に影響はほぼ無いようです、精密な加工にはもってこいではないでしょうか。

弊社で処理を行うわけではありませんが、とても有効な処理ですのでご紹介いたしました。

 

SUS301 3/4H

バネ材の製品が超特急で金型製作し、プレス加工も大忙しです、
プレス後のバレル研磨は協力会社にて即日対応して頂きました、有り難うございます。
弊社は協力会社様により成り立っております、いつも無理を聞いて頂き感謝しております。

さて、現在弊社は金型受注が混んでいる状態です、
プレス生産も残業中、年末に向けてフル稼働しております。

図面通りできなくてこんな製品しか出来ないんだよって困っている企業さんお問い合わせお待ちしております。
わたし失敗しないので(笑)ファイル_000 (13)